さな

日常や彼のこと、自分の内面や体調のことを書いています。

マスカラすると目がコロコロする😵‍💫

最近、メイクに興味を持ち出しました😊

 

前からメイクは興味があって、何度かチャレンジしてみたんだけど、

うまくいかなかったり、顔につく感じが嫌だったり、肌に合わなかったり、クレンジングしてもうまく洗い落とせなかったり、お金がかかったり、手間だったり、、

楽しさとかメリットより、失うことの方が多くて、

「もう2度とメイクなんてしない!メイクのしない人生送る!!😡」

と拗ねて、何年か月日が経ちました😅

 

と言ってもやっぱ興味あったし、歳をとってきて、「すっぴんで外出ることは恥ずかしいことなのかも。。。🫥」と思い始めてきて、メイクをすることによって、清潔感や綺麗さがあったら外に出る自信に繋がるかも。と思って去年の冬から少しずつ始めてみました。

(あとは、みんなの送る日常生活を送ってみたかった!それが結構大きい笑)

 

また、メイク初心者話とか、購入品話とかは違う記事で書きたいので、今回は置いといて、、

 

タイトルの話なのですが、私はマスカラがどうも苦手です。

もっと言うと、目元にメイクするのがどうも苦手です😓

 

私の目は奥二重の瞼が重いタイプで、目元のメイクを頑張るととってもケバくなります👁

 

そして、HSP気質のせいなのか、粉をつけすぎると瞼が重く感じてしまったり、ついてる感じが嫌で、ちょっとでも軽減させようと体が反応し、めちゃくちゃ目元を触ってしまいます。。

 

せっかくつけたメイクたちを自分の手でかいてとってしまうという🤚😢

敏感肌な部分もあります。。

 

なので、今はアイシャドウは買っておりません。

今後も買うかどうかちょっとわかりません😅

 

そして、問題のマスカラなのですが、自分のつけ方が悪いせいもあると思うのですが、

瞼が重いせいなのか、マスカラをするとほぼ毎回、目がコロコロします。

これが超不快😭

 

もう、何にも集中できません。

目が気になって気になって仕方がないです😭

一刻でも早く目元を楽にしたい気持ちになります。

 

最近、セザンヌの透明マスカラを買ったのですが、今までよりだいぶマシな付き具合にも関わらず、めっちゃ目がコロコロする😵‍💫

今日も練習がてらつけたのですが、気になってしゃーないですし、テンションの下がりようすごいです😵‍💫

それぐらい私からすると不快ですね😔

 

目開けていたくない😑

 

マスカラたちが悪いわけではないと思うんですよね。

ついてる感じとか全然感じませんでしたし、やっぱり自分の目と相性が良くないんだろうなぁって。

普段から、まつ毛とかも目に入りやすいのでね😓

 

せっかく買ったけど、マスカラはもうつけないメイク方法で進んでいこうかな。。

 

メイクやめてた理由として、目元にメイクができないことも原因としてありました。

目元にメイクしなかったら、メイク成り立たないやん。。と思って心閉ざしちゃった面があります。

 

けど、案外目元にメイクなしでもメイクしてる感じでるし、綺麗に見えるし、そんなとらわれなくてよかったんだなぁ。って今なら思います。

 

世の中がそう言ってるし、そうじゃないとだめ。って思ってる面結構あって、そうじゃなくても成り立つって言う経験は、視野が広がっていいですね。

本当に世の中の言われてる情報に乗れない私😅

 

メイクも私なりのやり方を見つけていこうと思います💪

 

目指せ、ナチュラル透明薄付メイク〜〜🌷

 

さな

夕方が憂鬱で不安な毎日

私は夕方になると憂鬱と不安と体調不良が起こります。

 

もう何年も夕方が憂鬱で不安です。

原因はいまいちわかっておりません。

 

今日も起こりました。ほぼ毎日同じぐらいの時間に、気が落ちていき、不安と体調不良に悩まされます。

 

なので、今日ブログ書くの気持ち的に無理かも。。。

何もかも怖いし不安。誰にも何にも言いたくないし、したくない。

 

と言う思いで、ダラダラゲームしながら布団の中で寝ていました。

 

と言っても、結構強力なもので、何かしててもあまり気が逸れることはありません😔

と言いつつ、向き合いすぎたらものすごく体調不良を起こしたり、不安に飲み込まれすぎたりして、悪化してしまいます。

 

なので、夕方の自分とあまりうまく向き合うことができず、”しんどくなったら布団の中で寝る。”と言う日々を何年も繰り返しています。

 

ただ、今年になって

「日常生活送れるようになりたい」

「もっと日常生活送れる時間が増えたらいいのに」

「もっと楽になりたい」

と言った気持ちが強くなりました。

 

なので、夕方に毎回寝込んでる自分に違和感を覚えるようになったというか、「やめたいな。

もっと寝転ぶ時間や憂鬱になる時間減ればいいのにな。」と改善したい自分が出てくるようになりました。

 

今までは「もう治らない。しょーがない。自分はこんなんだから」と諦めの気持ちが強かったですが、その気持ち以上に、乗り越えたい気持ちが少しずつ出てきました。

 

なので、ちょっとずつ、ほんとちょっとずつ改善していこうかなと思います。

 

とりあえず、ちょっと落ち着くもの、ホッとすること、安心することを探すことから始めてみようと思います。

 

嫌な気持ちを思いながら、ふーーーっと息を吐くだけでも、一瞬マシになります。(すぐ戻るのですが)

頭をぽんぽんっ優しく叩くだけでも、ちょっと安心します。

大きなぬいぐるみを抱きしめているだけでも、落ち着きます。(個人的にはこれが一番落ち着く)

 

日常生活を送るのはまだまだ遠いと思いますが、安心感をちょっとずつ育てていきたいです。

 

もちろん、感情と向き合えるのが一番なのですが、やりすぎると余計に不安の渦に入って、抜け出せなくなるので、今は特効薬じゃないのかなと思っております。

 

正直、夕方は自分の気持ちを話すことも書くこともしたくありません。

普通にしんどいのです。怖いのです。(落ち着くとできるのですが)

 

なので、今は感情面は息と共に出す。形でいようと思います。

 

みなさんが思ってるより、私は前に進むことができません。

人から見て何にも変わってないように見えると思います。

 

けど、寝転ぶだけじゃなくて、ほんのちょっと行動できてるだけ、前に進んでると信じたいです。

 

今まだ夕方なのに、ブログを書けたのは、さっき言ったものをしたら普段より落ち着いたからです。(憂鬱さは残っていますが)

 

ぬいぐるみずっとぎゅっとしてるなんて恥ずかしいなぁ、とか

体を触ってないと落ち着かないなんて恥ずかしいなぁ、とか

人と同じように過ごせない、人と違うところを持っていることに引け目を感じますが、それでも「私なりに一生懸命生きてる、生きてていい、こんな私がいててもいい。」と思いたいから、ブログに残していようと思います。

 

こんな人もいます。

 

皆さんが普段できていること、過ごせていることは本当に立派なことなんだと私は思います。

本日もお疲れ様です☺︎

 

さな

「愚痴は言わない方がいい」という正論🫥

「人に愚痴を言わない方がいい」「悪口は良くない」「悪口を言ってる人は信用を失う」

など、ネットでは(現実でも?)愚痴に対しての当たりが強いように思います。

 

私は、、

 

その正論が苦しいタイプです😓

 

今日見ていた、高校生のVlogでもそんな話が出ていて、とてもしっかりした話内容でいいものだとわかっているのですが、なんだかモヤモヤしちゃいました。

 

なんでモヤモヤしたって、100%その高校生の言い分が正しかったから😅

自分に引け目を感じてモヤモヤしちゃいました。。。

まぁ、簡単にいうと「自分は間違ってるんだぁ」って思っちゃった感じです。

 

私からするとその高校生の考えがだいぶ厳しかった。うん😓

 

私はどちらかというと、愚痴を言うタイプです。

小さいことでも愚痴っちゃう人です😅

 

小さい頃からずっとそうだったなぁ。

 

だから、自然と愚痴を言う子たちがそばに集まっていたように思います。

今も、彼とよく愚痴を言いますね😌

 

愚痴を言わない方がいいって、そらそうだと思います。

でも愚痴言わないとしんどいんだなぁ。

 

勝手な感想だけど、愚痴を言い合うことでその人のことちょっと知れた感じがするんですよね。

「この子こーゆーこと嫌いなんだ。こーゆーの気にしてるんだ。」とか未完全な感じ、人間らしい感じが私は好きです。

 

日本だと?弱音や頼るのが苦手な人が多い分、愚痴でその人のこと知れて、その人にとっての気を遣えたりできるし、弱音をお互い言いやすくなるので、私は案外いてて居心地がいいです。

 

むしろ、愚痴を言わない子の方が、緊張しちゃって話せなくなります😵‍💫

何言っても気を害しそうで😭 

あと、深い話やプライベートに深入りしちゃダメな気がして🥹

あはは〜😄と笑ってその場を過ごすことしかできなくなります()

 

私はどちらかと言うと、人と愚痴を共有しながら前に進んだり、乗り越えたりしてきたなぁって思います。

私は、人より暗いし、ネガティブだし、めんどいし、気難しいし、で世の中に回ってる大半の正論には従えないというか、息詰まるぐらいできません。。

 

で、そのVlogに出てきた、友達の不満を裏で漏らしていた子が本人にバレて、不仲になってしまったらしく、それでその高校生が、陰口は良くない。と言ってて、、

 

私はどちらかと言うと不満を漏らす側なので、陰口を言うことだけが悪いみたいな感じの文章にちょっと引っかかってしまいました。

どんなことがあっても陰口を言うのは良くない。みたいな。。

ちょっと可哀想やなぁ。。と思ったり。。(良くない感情なのかも知れませんが)

 

本当に陰口を言うことが悪いことなのだろうか。。

 

私思うんです、

「陰口を楽しむ」のと、「愚痴を言う」のは似てるようで違うんじゃないかなって。

 

想像でしかないですが、不満を漏らしていた子は、陰口を楽しんでいたんじゃなくて、本当にしんどかったんじゃないかなって。。

「友達の言動がよく思わない、自分とは気が合わない。」から、不満を漏らしていたらしいので、それは人間として自然なことなんじゃないかなと私は思います。

 

それを我慢し続けて関わるってしんどいと思います。

その高校生は「そーゆー人もいるんだって流すのが一番」と言ってましたが、やっぱり自分とは馬が合わない人っています。

流し続けるにも限度があるのじゃないかなと思ったり。。。

 

もし仮に、流し続けれて、人間関係がなんとなくうまくいってたとしても、何処かでまた嫌なトラブルに巻き込まれたり、逆に逃げるのが遅くて手遅れになっていたり、、、

 

後々の弊害が出たりもするんじゃないかなって。。。

 

「嫌だな。苦手だな。嫌いだな。」って感情を大事にするのって自分の身を守るために大切なことなんだと私は思います。

 

そんな気持ちを知りながら、自分に合うものがわかってきたり、好きな人や大切にしたい人がわかってきたりするんじゃないかなって。

 

もちろん、愚痴る人を選ばないといけないし、みんなに振りまくのは違うと思います。

 

けど、愚痴を言うことによって、自分と向き合うきっかけや進むきっかけになることもあるんじゃないかなって。。

それと、感情は言ったり出したりすると浄化する、根本から癒やされる。と言う部分も持っているので、言うだけで楽になることだってあると思うんです。

 

愚痴言いながら進んでいくと言うのは、悪い面だけではないと私は思います。

 

”愚痴を言いましょう。”なんて思わないですが、”愚痴を言わない方がいい。”という正論もまた辛いものがありますね😥

 

やっぱ、その時その時の感情や心境があるから、完璧なんて難しい。

もっと緩くその時その時向き合えたらいいなぁ🫧

自分のペースでゆっくりと🐢

 

色々原因ってあると思います。

この世の中に誰か一人が悪いことなんてないんだと

私は思います🫧

 

さな

 

p.s.

”愚痴を言わない方がいい。”と言う風習があるが故に、”言った人が悪い”と悪役にされる節あるのかもなぁ。なんてふと思った。

不安障害な私

私は長年、不安障害を患わっています。

正直、小さい頃から不安や恐怖に浸りやすい子でした。

 

プールが怖かったり、お風呂が怖かったり、大雨や雷の音が怖かったり(当時、「耳がなくなればいい。年寄りになって耳遠くなりたい。」と本気で願っていました。今でも苦手です…)、親戚や家族がなんとなく怖かったり、学校の先生や生徒が怖かったり、体育館が怖かったり、体育館でやる劇が怖かったり、注射が怖かったり、映画が怖かったり、初めて出かける場所が怖かったり、、、

 

たくさん怖い感情を持ち合わせて過ごしていたように思います。

 

みんなが平気にしていること(そう見えてただけかもしれませんが)、私はグッと堪えて乗り越えることで精一杯でした。

そうやってみんな我慢しながら過ごしているものなのだ。と当時はずっと思っていました。

 

けど、HSPと言う概念を知って、みんなそこまで我慢して過ごしているわけじゃないと知った時、衝撃だったのを今でも覚えてます。

あんなに私にとって壁高いことが、他の人にはそれほど高くないことも…

 

小さい頃は、私が恐怖して泣くたびに、大人たちが頑張って安心させてくれていたように思います。

 

学校の劇が怖い時は、ずっと先生に引っ付いて、抱っこしてもらって、泣いていました。

終わるまでずっと泣いてたのを今でも覚えています。

 

大雨が降るたびに、部屋の端っこに行って、全力で耳を塞いで大泣きして、母親に寄り添ってもらっていました。本当に毎回毎回泣いていました。

 

夏祭りの時にゲリラがきたのが怖くて、金魚すくいの途中でポイを投げ捨てて、全力で家に走って帰って、親に迷惑かけたりもしました。(それもなかなかに危ないですが😅)

 

注射するたびに大泣きして、毎回先生と看護師さんから、優しい励ましの言葉をもらって、キャラクターシールをもらったり、注射の打った場所にキャラクターの絆創膏を貼ってもらっていたりしてました。

 

なんとか大人に恐怖の気持ちを持ち抱えてもらいながらなんとか過ごせていたように思います。

 

けど、中学ぐらいになるとちょっとずつ大人になってきます。

ましになった部分もあるけど、恐怖と不安の向き合い方はいまいちよくわかっておりませんでした。

むしろ治らないものだと思って、より我慢して堪えるようになったように思います。

不安障害だけのせいではないですが、私は自分を自分で受け持つことができなかったため、高校1年生の春に五月病になり、学校に行けなくなってしまい、、それからずっと療養中です。

 

未だに、不安障害と戦う日々です。

学校に行けなくなってから、より不安障害が悪化してしまいました。

もしかしたら、我慢したツケが回ってきただけかもしれません。

 

私は、人より不安と恐怖に向き合うのが下手だと自負しております。

みんなが乗り越えれるあろう、不安と恐怖がうまく乗り越えれません。

 

やっぱ怖いし不安です。

 

今は、社交不安障害と全般性不安障害パニック障害、どれも持ち合わせているように思います。

毎日毎日何かしら不安で、心の中はソワソワしております。

 

もうちょっと細かく持ってる不安障害の内容を語ろうかなと思ったのですが、重くてあまり向き合いたくないのと長いので内容はまた次の機会にしたいと思います。

 

ひといちばい不安だからこそ、安心ってなんだろう?ってたくさん向き合っているように思います。

 

今通ってる、漢方の先生が言ってた言葉にホッとした記憶があります。

「リラックスすることが大事って言われるけど、リラックスって難しいから、ちょっとずつ覚えていきましょう。」

そう言われて、「私の感覚は間違いじゃないんだ」とホッとしました。

 

正直、慢性的に不安になっている私からすると、リラックスするって難しいんです。

体がどうも固まっていて、奥からリラックスする感覚がどうも掴めない、、というか、できないんです。

なので、世の中で言われている「リラックスしましょう」ができなくて、とても悩んでいました。

 

なので、できない私は間違いんじゃないんだ。って、難しいと思ってていいんだ。と肯定された気持ちになりました。

 

今はまだまだ治療中です。

うまくできない日も多くありますが、ちょっとだけ向き合えたところもあります。

本当に地道に体に覚えさせて行っている感じです。

 

それと、私には歳離れた兄がいるのですが、その兄夫婦には子供がいて、姪っ子がいるのですが、兄が姪っ子を寝かしつけている時に、抱っこしながら、とんとんっと背中を優しく叩いて寝かしつけていたのが印象的でした。

 

私がされているわけではないのに、その姿を見て私が安心して、うととうとしそうになったんですよね😂

その時思った気持ちとして「赤ちゃんになりたいなぁ」って浮かんできました🫥

とってもお恥ずかしい話ですよね🫥

 

ただ、私は赤ちゃんのようにあやしてもらいたい。安心させてもらいたい。気持ちがあるんだなぁと思いました。

前から自分で、とんとんっしたり、撫でたりしていましたが、その日からよりするようになったように思います。

なんなら、自分を赤ちゃんだと思って、立ちながら揺れてとんとんっしたり笑

 

でもそれが不思議と落ち着くんですよね。あやすってすごいですね。

 

ひといちばい不安になりやすからこそ、ひといちばい安心する、リラックスする、ホッとする術を身につけていかないと生きて行けないんだなぁとものすごく感じます。

 

私はどうしても人より心が弱いです。いや、未熟なんだと思います。

だから、人より助けられることも多い人生になっているような気がします。

環境だって、きっと人より安心する場所じゃないと、自分として過ごせない(謙虚に動揺や体に不調がでる)んだと思います。

そんな自分に嫌気が刺したり、悔しさを感じたりします。

世の中からすると、「何甘い蜜吸ってんだ」なんて思われるんだろうなぁと思ったり、、

 

正直、安心した世界で生きていくことに許可を下せない。

こんなにも世の中には大変な人たちがいるのに私はこんなのでいいのかって。

 

ただ、やっぱり耐えられない。

甘い蜜を吸わないと息ができない。

 

そんな感じで、ギャップの中でせめぎ合っています。

 

人より安心した世界で暮らしていく私となっていくのだろうけど、そんな中で何か私もできたらいいなぁって思います。

安心した中で、人の役に立てたらいいな。

 

とりあえず、療養がんばろ🙏

いつかきっと治る〜!

 

さな

私の動機って「必要だからする」から始まってるんだぁ〜!

今、感情ノートを書きながら自己分析していたら出てきた思いである!!

私の中では、おぉ!となって、ちょっとスッキリした👍

 

前に、器用貧乏のまま生きると言うブログを書いたけど、本当に器用貧乏なのかな?と思ったから。。笑

と言うのも、能力的には確かに平均的にほぼなんでもできるけど、好き嫌いとか興味湧く湧かないを考えると結構ムラがあるんよなぁ〜と思っていたから。

 

それと、基本的にまんべんなく理解するけど、いざやろう!と意気込んだ途端しんどくなる?負荷になるから、あれ??と思ってね。

 

私の中では、勝手に器用貧乏なところが使われている感じだった。

なんかいつの間にかまんべんなくこなしてる、理解してる自分がいるみたいな。。

 

から、うーん。。どうしたものかなって。

 

そしたら、私の動く動機って「自分の人生に必要だからする」から始まっていることに気がついた!

 

自分の人生に必要だと思ったら、学ぶ姿勢があるみたい。

 

例えば、

・感情のノートや日記、自己分析をする

⇨心が楽になったり、自分のことを整理できたりするから

→ブログを読んだり、人の分析を読んだり、かき方を学んだりする。

 

・掃除をする

⇨部屋が綺麗になったり、今後の生活どこでも使えるから

→動画で掃除の仕方調べたり、便利グッズを調べたりする。

 

・ブログを書く

⇨自分の場が欲しくて、自分の表現をしてたい、より広めたいから

→自分に合ったブログを探したり、使い方を学んだり、SNS別の違いを知ったりする。

 

などなど、、

 

自分の人生に必要だから、と言う動機があれば勝手にやってる自分がいるみたいです笑

 

やる際は、一点だけ調べる、学ぶとかはせず、それこそ満遍なく調べます。

「メイクをできるようになりたい!」と思ったら、メイク方法、顔のパーツや骨格、パーソナルカラー、各化粧品会社の把握(一つ一つの売り、良さ、大事にしてるもの、価格設定、雰囲気など)、メイク用品の口コミなどなど

をなんとなくの形で把握して覚えます。

 

それから、これとこれ組み合わせたらいいかも。この商品私と相性いいのでは?とか自分なりのオリジナルを見つけ出す感じですね。(失敗もするよ!)

 

全体→細部と言った感じになります。

 

私は全体把握を先にしないと動けないんですよね😅

 

とりあえずやってみるとか大の苦手😭

 

だから、やりたいこと見つけるとか結構苦痛です。。

それだけ真っ直ぐに生きれたらどんなけいいだろうなぁって思います。。

私の人生遠回りばかりで、近道がいけないんですよね泣

 

と、器用貧乏って能力の話だから、自分の意思とはそぐわない所があるのかなぁ。なんて思いました。

能力と自分の意志は違う。もっと分けて考えれるといいなぁって思います。

 

と言うことで、私は「自分に必要だからする。」を大事にして生きていこう。

(もう既に生きてるともいう)

 

さな

 

 

器用貧乏のまま生きる

私は、これといった得意なことがありません。

優秀とか、プロレベルとか、エリートとか、そんな領域はできないけど、

やってみるとなんだかんだ形にすることはできます。

 

最近で言うと、

セルフカットをしたり、

3DSのアナログスティックを取り替えたり、

クロッキーしたり、パスタのソースを作ったり、、、

 

専門性のある人からみると全然なんだろうけど、日常使いでは困らない感じのレベルです。

 

私は専門性のない自分に強い劣等感を持っています。

ずっと自信がありません。

 

なぜなら、私の領域なんて誰だって出来るから(そう思っているから)です。

 

私の領域なんてみんなちょっと頑張ればできると思います。

多分やれて当たり前ぐらいのレベルなんだと思います。。。

 

ずっと、ずっと、専門性のない自分を責めてました。

周りからは、色んな職種を勧められました。

けど、特別やりたいとか、したいとか、気持ち的には生まれず、どれも選べなかったです。

 

私の器用貧乏は周りが思う以上に淡々としてます。

こんな話鬱陶しいですが、その器用さは標準で、やれたことに達成感なんて出てこないんです。。

周りから褒められても、自分では当たり前であまりできた自覚を持てません。。。

 

むしろ、できてない部分ばっかり目がいって、やれた所で他にできる人はいるし、その人に頼むほうがよっぽど熱量があっていいものが生まれるよ。なんて思ってしまいます。。

 

達成感が出ない分、人より努力することも苦手です。

きっと私は能力に楽しさや興味を見出せないんだと思います。

 

だからそんな自分がずっと大嫌いでした。

 

努力もできなくて、何か一つを頑張ることすらできない。

途中ですぐ折れてしまう。続けられない。

 

かといって、できる領域はそこそこ。

何にもない。

やってみたらできないと思ってたけど、なんとなく形にできた。

でも、そこから展開することもなく、私の中ではそこで終わり。

 

まさに器用貧乏。

 

周りを見ると、たくさんすごい人がいます。

なんでみんなそんなに長けているのでしょうか。

やっぱり頑張っているからなんでしょうね。。。

 

その中に挟まれる私はずっとしんどくて、色がありません。

ずっと薄暗いです。

 

私も胸はって、自信のあるものが、特技が一つでもあったら、ちょっとは楽だったのでしょうか。

どこにも染まれない自分が嫌です。

 

世の中にある、得意なこと探しましょう。という自己啓発

その問いが一番しんどいです。

 

得意不得意の境界線が曖昧な人はどうしたらいいのでしょうか。

みんなそんなにわかりやすく持っているものなのでしょうか。

 

頑張って自分の専門性探したけど、結局見つからなかったです。

淡々と色んなことに手をつけて、器用貧乏に生きてるのが一番楽でした。

でもそれだと、世の中に通用しないのも痛いほど感じます。

いまだに私の居場所は見つかっておりません。

 

器用貧乏でよかったのは、彼と私の人生を豊かにしてくれるぐらいです。

私はまだ、世の中に馴染む方法をわかっていません。

 

けど、もう見つけるのやめようと思います。

 

結局私の人生どこにも馴染めず終わるのかもしれませんが、器用貧乏のまま生きてみようと思います。

専門性を捨てる人生は怖いです。

けど、どれもしんどくて、淡々と色んなことしてる自分が一番楽でした。

 

これがどこに役立つのか、世の中に必要とされているのかは私にはもうわかりません。

もう世の中に必要とされてない人生でもいいやってちょっとだけ思います。ちょっとだけ。。

 

けど、ただ生きていようと思います。器用貧乏のままに。

 

いずれ世の中と繋がるかもしれません、自分の中だけで終わるかもしれません。

もうわかりません。

 

ただ、自分として生きたいから生きていようと思います。

 

産まれてこなければよかった。って悲しい気持ちにもうなりたくないです。

器用貧乏のまま生きて、自分のこと肯定してたいです。

いいことあると信じて、道は開かれることを信じて。

 

ただ真っ直ぐに生きます。

 

さな

再びnoteでブログをはじめてみようと思ったけど…

多分見られないな。。。と思いました😅

 

現在もほとんど読まれてないし、noteは目的がないと読まれない気がします。

ちょっと意識高い世界な気がしますね🤔

 

文章力があったり、ビジネス概念があったり、情報をメインに扱ってる気がして、日記感覚だときっと読まれないんですよね。

 

いろんな方の日記を調べてみましたが、やっぱり読まれてない気がしました。

それも年単位で。。🥹

 

それはちょっと悲しいな。と思いまして、再びはてなブログに。。笑

 

正直自分でも、どうしてブログを再開したのかよくわかりません汗

いや、、その日のnote情報記事に促進されて、早まったのだと思います。

(これが騙されやすい人の特徴か)

 

まぁまぁ、、、まぁいいか😌

こーゆー時は彼に相談するのが一番です。

「衝動的にブログを書いてしまったことに後悔してる。」と伝えたら、色々深掘りしてくれて、なんとなく落ち着きました。

 

でも、自分の中でも自分の場、居場所みたいな、、、

表現の場、自分としている場。みたいなのがほしい気持ちがあって、作っていってもいいのかなぁなんて思ってます。

 

どうしようかと、なんて見えてないし、彼のアドバイスで、「今は決めなくてもいいんじゃない?ゆらゆらしててもいいと思うよ。」って言ってくれたので、それもそうだなぁと思い、きめきらないことにしました。

 

最近、自己分析をしてまして、私の思いとして、

”自分としていたい”

という気持ちが出てきました。

 

なので、自分としていることを叶えてあげたいなぁと思ったのです。

自分としている。って難しいですね。

どーゆー形が自分としているなんでしょう??

 

ちょっとずつ模索できたらいいなぁ。

 

ということで、私の事情やプライベートなどもこれから語っていこうかなと思います。

ちょっと重たいですがね汗

 

前進めたらいいなぁ、自分の住む世界が広がっていくといいなぁ。

 

そんなことを思います☺︎

 

では、またね〜🙌

 

さな